INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー⑲:スブロトさん

スブロトさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー⑲:スブロトさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
私の場合大学時代まで遡りますが、当時第二外国語で日本語を選択して勉強しておりました。選んだ当初は、日本に行くというところまで全く考えておりませんでしたが、勉強しながら日本への興味が湧き、日本語能力を活かすため、インドに支社のある日本の企業へ就職しました。8年近くそこで働き、昨年念願だった日本への移住と転職をすることができました。
スブロトさんのように大学時代から日本語を勉強する人は多いのでしょうか?また日本語学習では何が難しかったでしょうか?
そうですね、やはりアニメの影響が大きかったのか、私の大学では日本語を選択する人は多かったと思います。今私はN2まで持っておりますが、インド人にとっては漢字の習得がやはり大きな壁になっていると思います。それから敬語も難しかったですね。
スブロトさんのお仕事の内容について教えてください!
私はサポート系のエンジニアとして、これまで顧客からのお問い合わせ対応や保守・運用などの作業をメインに行ってきました。エンジニア以外の仕事としては、人事部門に入って人材育成にも携わっておりました。
日本とインドのカルチャーの違いでどのような部分に一番驚きましたか?
インドでは幼い時から周りの子供たちと勉強で競争を強いられていたので、上昇志向の強い「個」で考える人々が多いと思います。一方で日本は一人よりも皆と一緒にを大切にする文化だと感じ、同質性を重視しているのがかなり違うなと感じました。どちらかのカルチャーが正しい間違っているというのはないので、お互い理解しあってリスペクトできるといいなと思います。
日本人がインドの方々と一緒に働く時には、どのようなことを意識するといいでしょうか?
インドの人は議論や話すことがとにかく好きなので、仕事以外の時でも積極的に話してあげると喜ぶと思います。例えば「週末は何してるの?」とか「昨日の夕食何食べた?」みたいな会話でも、楽しんで話をしてくれると思います!
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
仕事としては、このまま長く日本で働き続けたいと思っております。それ以外では、日本の各地に友達が住んでいるので、農業や料理作りなど幅広いことにチャレンジしていきたいと考えております!