INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー⑤:パラブさん

パラブさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー⑤:パラブさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
インドにいるときから、日本の風土や文化にとても興味を惹かれておりました。
インドの大学を卒業後しばらくは、ITエンジニアとして母国で働いておりましたが、日本のITエンジニアとしてのキャリアに可能性を感じ、思い切って日本で働くことを決断しました。
日本でのキャリアに可能性があるとは、具体的にどういった部分で感じていらっしゃるのでしょうか?
これは私の意見ですが、ITエンジニアの立場から見て、日本はまだまだIT化が諸外国と比べて進んでいないと思います。
ただ裏を返せば、それだけIT・AI導入の大きなポテンシャルを秘めていると言えるのではないでしょうか?
そういったマーケットが広がる可能性を感じたため、自分のこれまでの経験を活かして、日本でのステップアップのキャリアをイメージできました。
パラブさんのような外国人エンジニアを日本の企業が雇用することで、企業側にはどういったメリットがあるとお考えでしょうか?
私は日本に来る前に、インドで決済システムの開発を実際に行い、顧客からもフィードバックを得ておりました。
そういった経験を持ち合わせているので、どうしたら顧客の利便性が向上するのか?についての知見を多く有していることが、特に私のような経歴を持つ外国人材を雇用するポイントだと思っております。
日本の会社で働くにあたって、苦労したエピソードを教えてください!
日本語、特に漢字を覚えるのが難しいですね(笑)
テキストやオンライン学習などで、日本語の勉強をしておりますが、実践的な日本語の習得は、話す機会がないとなかなか伸ばせないので、今でも苦労しております。
言葉以外でも、日本の文化や働き方などはインドと違う部分が多くあるかと思いますが、特に気になった部分はありますでしょうか?
インドにいるときから日本人は勤勉だと聞いておりましたが、本当にそれを目の当たりにしました。
ただ一方で、インドでは家族とのコミュニケーションの時間を取ることも大切にしている方が多いのですが、多忙でなかなか連絡できないこともあり、そのバランスを自分だけで取るのはなかなか難しいことだと実感しました。
勤勉精神は素晴らしいと思いますので、働き方の柔軟性がより増していけば、外国人材にとってさらに働きやすい環境になると思います。
最後に、日本の企業の方々にお伝えしたいことがあれば教えてください!
採用する段階では、ITエンジニアのような技術者の場合、日本語能力だけでなく、ITスキルや経験値にもより注目してほしいです!
また就労している段階では、日本語上達のためのフォローアップを企業側で率先してやっていただくと嬉しいです。
もっともっと日本語上手になりたいので、是非よろしくお願いいたします!