INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー㉘:エメリックさん

エメリックさん
アメリカ出身

外国人エンジニアインタビュー㉘:エメリックさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
私は父親と母親それぞれルーツが異なる家系で育ち、生まれながらに多様な文化が介在する環境で育ちました。そんな中で、自分がこれまで触れたことがない文化に強い興味を持っておりました。いくつかそうした国々を候補に転職活動を始め、日本の企業から内定をいただいたので、思い切って日本に行くことを決意しました。
学校などの教育機関や教科書などでは日本語を勉強しなかったと伺っておりますが、どのような方法で日本語を上達させていますか?
確かに読み書きに関してはそこまで重点的に勉強できておりませんが、聞き取りと会話能力に関しては、職場にいる日本人との話し合いやミーティングを通じて少しずつ向上させることができていると思います。日本語能力検定をまだ受けたことがないので、今度受けてみたいと思っております!
エメリックさんのお仕事内容について是非教えてください!また現在一緒に仕事を行っているメンバーについても教えてください!
ECサイトに関するビックデータの分析などを主な仕事として行っております。現在私が担当しているチームのメンバーは、イギリス人・中国人・フィリピン人など多様な国の方々で構成されており、多国籍な環境で働いております。
日本とアメリカの両方の会社で働いた経験をエメリックさんはお持ちだと思いますが、どのような点や特徴が違うと思いましたか?
日本の雇用システムはアメリカと比較して、労働者側の保証が行き届いていて、安心して仕事に取り組めるという点は大きなポイントだと思います。ただ一方で、そうした居心地のよい環境が、労働者の自己成長や向上心をどれほど伸ばしていけるのかが課題だと思いました。実際アメリカでは成果を出さなければ仕事を失うリスクは大きいですが、その分必死に仕事の結果を出そうというマインドには必然的になりますので、そこは大きな違いですね。まずは日本人も海外の人もお互いの話を聞きあって、価値観や見方の違いを理解しあうことが重要だと思います。
外国人エンジニアが日本の企業で長く働くために、必要だと思うことは何でしょうか?
仕事や業務を任せる前に、まずはしっかり同じゴールや目標を確認して、共有することは重要だと思います。「なぜ」の部分はしっかりと伝えていくことで、目的意識をしっかり持てるようになり、仕事に対する意義やモチベーションも高まるのではないでしょうか?また話をしたがる人が外国人には多いと思いますので、しっかり彼らの話を聞いてあげることも信頼関係が生まれるポイントだと思います。
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
このまま日本でデータサイエンティストとして長く働き続けたいと思っております。そして日本の方々に、海外のことをもっと知ってもらい、興味を持ってもらえるように、私自身ができることにチャレンジしてみたいと思っております!