INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー㊺:カンチャンさん

カンチャンさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー㊺:カンチャンさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
私は高校生の頃から、外国語の習得に興味を持っておりました。その中でも、日本語は特に習うのが難しい、時間がかかると言われて逆に気になってしまい、あえて難しい日本語を勉強するため、実際にインドにある日本語学校で習い始めました。そこを卒業後、日本の会社に就職し、日本とインドを行き来しながら仕事をし始めました。
日本語はどのように勉強されましたか?また日本語学習では何が一番難しかったでしょうか?
私の場合漢字は比較的理解が早かった一方で、文法と敬語を理解することには苦労しております。今N2まで取得しているので、少し苦手な文法と敬語をしっかりマスターして、N1も早く取りたいですね!
これまでどのような分野のお仕事を経験しましたか?
ソフトウェアの移行に関するサポートを行ってきました。また仕様書や議事録など重要なドキュメントに関しては翻訳・通訳を行い、日本人とインド人の橋渡しをしていたこともあります。
日本人と実際に話をしたり、働いてみたりして、何か気付いたことはありましたでしょうか?
一緒のチームで働いている時は、とても丁寧に業務指導をしていただくので、安心して仕事を行うことができました。最初の基礎をしっかり教えていただけることで、私のような外国人エンジニアはモチベーションや自信が大いに上がると思います。一方で、日本のやり方へのこだわりが強いと感じることもあり、慣れるまでに少し大変だったこともいくつかあります。
カンチャンさんがこれまで住んだことがある日本の都市の中で、印象的だった場所はありますか?
私は大阪での生活がとても印象に残っております。大きな都市にも関わらず、場所によっては静かで、近隣の日本人の方々ともうまく打ち解けることができました。関西弁の日本語も好きです!
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
SEとして、上流・下流工程全てを一通りこなすことができるエンジニアになりたいと考えております。日本に長く滞在して働くことも夢なので、日本語能力もITスキルも両方とも向上させていきたいです!