INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー㊽:キショールさん

キショールさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー㊽:キショールさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
私は2年前に出張で初めて日本に訪れました。日本語は全くできませんでしたが、日本の社員の方々から多くのサポートや手助けをしていただき、お互い助け合う精神が強い国だという印象を抱きました。その翌年、日本の顧客と直接やり取りができるように日本へ行きたいと会社に申し上げ、承認していただいたので、今度は家族と一緒に来日し、長期滞在することを決断しました。
日本語は今どのくらい話せますか?また日本語学習では何が一番難しかったですか?
まだ日本語が初心者レベルですが、日本語教室に通って、クラスレッスンとオンラインで日本語を基礎から学んでおります。日本語能力はもっと向上させたいと思っており、1年半でN3まで取得できるような目標で勉強しております。文字が、ひらがな・カタカナ・漢字と何種類もあることに慣れることが今一番の課題です!
キショールさんのお仕事内容を教えてください!
Androidのアプリ開発や通信環境に関わる仕事を長年やらせていただき、プロジェクトによっては、テックリードを担当していたこともあります。Javaを使った開発が得意で、Kotlinなどの知識も持っております。
日本の会社で働いてみて、何か気付いたことや勉強になったことはありますか?
開発工程はどちらもアジャイル開発で進めており、大きな違いはありませんでした。また英語での会話が得意な日本人社員が多くいらっしゃり、プロジェクトに関わった後のフォローアップをたくさんしていただきました。直属の日本人上司の方は、日本語がわからない私のために、買い物の同行をしてくださったり、忘年会で気さくにコミュニケーションを取っていただいたりして、本当に助けていただいております。
外国人エンジニアがその職場で長く働くために、必要だと思うことは何でしょうか?
私の会社は違いますが、知り合いのインドエンジニアの方で、Overworkや残業が多い職場の方がおり、心身ともに不健康になっていると聞いております。これは日本人も外国人も関係ないと思いますが、こうしたことが起きないための働き方の改善を進めることは重要ではないでしょうか?また外国人エンジニアは仕事のことも、生活のことも慣れていないことが多いと思いますので、そうした違いを理解するためのサポートも重要だと思います。
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
私は開発の仕事がすごく好きなので、Android開発のテックリードとして、もっと専門性を深めながら、日本で仕事をし続けたいです!また将来的にはソフトウェアアーキテクトになれるように頑張りたいです!