INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー㊸:チンマイさん

チンマイさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー㊸:チンマイさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
日本は技術力が高く、様々な商品・サービスを便利に使用できるイメージを昔から持っておりました。また文化も奥深いものが多く、お互い助け合う精神が浸透していることを聞いておりました。そうした経緯から、日本に対する興味が徐々に大きくなり、インドで日本の会社に働いた後に、去年来日することを決断しました。
日本語はどのように勉強されましたか?また日本語学習では何が一番難しかったでしょうか?
私は母国の大学を卒業する前にN3まで取得しました。次の試験でN2にチャレンジするつもりです。私は漢字を覚えることは好きで得意なのですが、Context(文脈)に応じて、正しい日本語の使い方や表現を覚えることには苦労しました。
日本とインドの開発現場で働いてみて、どのような違いがありましたか?
私はITエンジニアとして、品質管理やテスト工程の仕事をこれまで行ってきましたが、日本とインドでは、例えば品質管理に問題があった時の説明の仕方に大きな違いがありました。特に日本では、できるだけ細かな説明をすることが求められるため、その工程に関する専門性がより深められると考えております。
お休みの日はどのようにリフレッシュしていますか?
最近は日本語の勉強をしており、母国で買った日本語の教科書を使って、自主学習をしております。人と話したり、議論をしたりすることも好きで、多くの国の方々と一緒に、ディスカッションのコミュニティに参加することもあります。
外国人エンジニアがその職場で長く働くために、必要だと思うことは何でしょうか?
インド人と比べて、日本人はコミュニケーションの量がとても少ないと思います。コミュニケーションなしで、業務内容を完全に理解することはとても難しいので、簡単な説明程度でも、コミュニケーション機会を増やすことは、外国人エンジニアの定着に重要だと思います。
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
私は日本が好きなので、できるだけ長く日本に滞在して、プロジェクトマネージャーになれるように頑張りたいです!また興味のあるAI関連のサービスや、日本とインドの懸け橋になるサービスにも、将来的に関わることができたら嬉しいですね!