INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー⑬:ニーリシュさん

ニーリシュさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー⑬:ニーリシュさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
インドの大学を卒業するタイミングで参加した就活フェアで、日本のIT企業の説明会や面接に参加しました。私が最初に働いた日本の大手IT企業は先輩の方々も働いており、話も聞いていたので、内定をもらったときには、是非日本に働きに行こうと思いました。
日本語は全く勉強してなかったと伺っておりますが、どのように日本語を上達させたのでしょうか?
最初の会社に入社した時に、日本語学習のプログラムが半年間あり、それに参加して日本語能力を鍛えました。当時は日本人ばかりの就労環境で日本語のキャッチアップがしっかりできるか不安でしたが、プログラムに参加していくにつれて、特に聞き取りと会話能力は向上できたと思います。
ニーリシュさんがITエンジニアの仕事の中でも、得意なところはどのあたりでしょうか?
得意かどうかはわかりませんが、好きで経験もあるところは「機械学習」に関する仕事です。コンテンツサイトに掲載されている記事を、ユーザーごとにそれぞれレコメンド(推奨)するアルゴリズムの開発・実装に関わる仕事で、非常にやりがいを感じております。
今おっしゃっていただいた好きな領域や、得意な領域に関する仕事ができない時は、仕事に対する満足度に影響を与えますか?
そうですね、私の場合自分の好きな部分に関して、はっきりわかっているタイプなので、それにほとんど関連しない仕事が長く続く場合は、モチベーションに影響すると思います。これは他の外国人エンジニアの方々にもある程度共通することではないでしょうか?
言葉や業務内容以外で、日本の会社に働いて気付いたところや勉強になったことはありましたか?
日本では言葉には出さないけれども、常識となっているマナーや作法が多いので、慣れないうちは難しいなと感じることはありました。他の日本人社員の振る舞いを見たり、場合によってはアニメなどを見たりして、慣れることができました。
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
今仕事で関わっている機械学習のスキルや経験値をもっともっと深めていきたいと思っております。プロジェクトの中でも、言われたことをやるだけの立場ではなく、より主体的に動くことができるポジションで仕事をしたいというのも目標です!