INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー㊹:プラフルさん

プラフルさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー㊹:プラフルさん

日本で働くことになったきっかけやエピソードがあれば教えてください!
私は幼少期から、トヨタ・ホンダなどの技術力の高い車を見て育ちました。またインドの和太鼓を演奏するグループに参加し、日本への興味関心を強めていきました。当時私に日本語を教えてくださった先生から、日本語学校を卒業して日本で働けるチャンスを教えていただき、その時働いていた会社を辞めて、来日することを決断しました。
1年間の日本語学校のコースを履修されて、どのくらい日本語を上達することができましたか?
最初は同じ留学生やアルバイト先でも英語ばかり話してしまい、日本語の勉強への力をそれほど入れずにいました。しかしそれではせっかく日本に来たのに意味がないと考えるようになり、苦手な漢字も含めて必死に勉強するようになりました。次の試験でN2にチャレンジ予定で、現在職場でも日本語・英語両方使って仕事をできております。
プラフルさんのお仕事内容について是非教えてください!
システム管理(System Adiministration)・トラブルシューティングの仕事を、トータル4年近く、インドでも日本でも行ってきました。最近はコロナウイルスの蔓延で社員の在宅ワークが増え、それに伴うネットワーク接続のトラブルや、アップデートで発生するバグ修正の仕事に注力しております。
日本人と実際に話をしたり、働いてみたりして、何か気付いたことはありましたでしょうか?
まずは時間に対する価値観は大きく違ってましたね。日本人は必ずといっていいほど時間をしっかり守りますが、インド人はもう少し時間についてのんびり考える傾向があると思います。また日本人はとにかく仕事を最優先に考えることに驚きました。家族との時間の過ごし方や、プライベートの時間全般が、インド人と比較して少ないと思います。
プラフルさんの仕事上のポリシーなどはありますか?
仕事を楽しむ姿勢を忘れないことです。プラフルさんはすごくリラックスして仕事をしていると、いい意味で今の職場の同僚から言われることがあります。もちろん仕事を通じて成果を上げることも大切ですが、ストレスを抱えずに仕事を頑張ることができたら幸せですね。
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
エンジニアとしては今の専門性よりもさらに深い、インフラに関する仕事をできるようになりたいと考えております。そのための試験勉強にも励んでおりますので、日本に可能な限り長く滞在して、仕事の幅を広げられたら嬉しいです!