INTERVIEW

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 外国人エンジニアインタビュー㊻:サランヤ・ラジャンさん

サランヤ・ラジャンさん
インド出身

外国人エンジニアインタビュー㊻:サランヤ・ラジャンさん

日本で働くことを目指したきっかけがあれば教えてください!
私は就労目的で日本に来る前に、一度旅行で日本を訪れた経験があります。観光での思い出もたくさん得られましたが、同時に日本人の優しい国民性や助け合う精神を目の当たりにして、日本が好きになりました。インドにいる時に、日本の会社のプロジェクトに関わる仕事を紹介していただき、去年家族と一緒に来日することを決断しました。
今の職場では、日本語で仕事をされていらっしゃいますか?サランヤさんの日本語学習についても教えてください!
幸い私の職場(チーム)では、英語を流暢に話せる日本人の方々が多いので、英語でやり取りをしております。日本語は基本的な部分から、朝の時間帯を使って習い始めて、次の試験でN4を取得したいと考えております。
これまでエンジニアとして経験した仕事をいくつか教えてください!
私はOracleなどのデータベースに関わるエンジニアとして多くの経験を積んできました。日本語での会話はできないですが、日英バイリンガルの日本人社員と一緒に、顧客折衝の場に参加することも仕事なので、コーディングだけでなく幅広い業務工程に関わってきました。
ご家族の方と一緒に日本で生活をしてみて、何か気付いたことはありますか?
日本は言葉の壁さえなければ、とても過ごしやすい国だと思います。気候や食生活で、違う部分がありましたが、慣れるまでに多くの時間はかかりませんでした。職場でも日本の環境に馴染めるように、細かく入社後のフォローアップもしていただき、大変感謝しております。
外国人エンジニアが日本の企業で長く働くために、必要だと思うことは何でしょうか?
入社してから、仕事環境に慣れるまでの間に、どれだけサポートを行えるかが重要だと思います。一緒に仕事をする上で、お互いのことを知り合い、親しくなることは大事だと思いますので、会社の方でそうしたコミュニケーションが取りやすい工夫をされていると、定着につながると思います。
最後に今後の日本でのキャリアプランや将来の計画を教えてください!
今関わっているクラウド関連の仕事や技術は、日本が世界的にもリードしている部分の多い領域だと思いますので、日本でその専門性をもっと深めていきたいと思っております。また日本語能力も、日常会話は問題なくできるレベルまで引き上げたいですね!